郵便局でアートフラワーの無人販売を始めるステップ1.2.3.4

アートフラワー

郵便局でマスク等の布小物が売られているのを見たことがあるでしょうか?

以前見かけた時は職員さんの手作りかなぁ?くらいしか思っていませんでした。

なので、じっくりとどんな風に売っているか?お会計は窓口なのか?などは考えもしませんでした。

しかしアートフラワー販売を始めるにあたり、X(旧Twitter)でコーヒーのドリップバッグや豆の販売をしています、消しゴムハンコを販売していますという記事を見かけるようになって、初めて無人販売だったことがわかりました!

そう、「委託販売」ではなく「無人販売」なのです。

コーヒーのお求めは👇からどうぞ!
自家焙煎珈琲と手しごとの小さなお店ティアレ tiare coffee Roaster

郵便局というのは小さなお子さん以外は老若男女問わず訪れる場所です。

年末年始なら年賀状を買いに小学生くらいのお子さんも見かけます。

これはネットショップを知らない人にもアプローチできるかも?

もっとうちのアートフラワーを知ってもらえるかも?

実物を手にとって良さがわかってもらえるかも?

そう思ったら、即行動です。

同時にコーヒーのドリップバッグの販売もしたいと思い用意もしましたが、食品は別の規定があるので、今回はまずアートフラワーに限定してお話をします。

コーヒードリップバッグの無人販売については後日アップします。

あと、無人販売という特性から釣り銭の用意ができないのでPayPay払いができるように手続きをしました。

こちらについても後日アップします。

【無人販売をする郵便局を探そう】

まずしたことは、郵便局員さんに質問することです。

質問するなら実際に現在無人販売が行われている郵便局がいいかな?と思い探すこと5軒。

途中に寄った郵便局でも聞いてみましたが、局員さんもよくわからないようでした。

5軒目にしてようやくラックを置いて販売している郵便局を発見。

さっそくお話をうかがったところ、一番下の棚に空きがありました。

利用料は1ヶ月4400円〜1100円(面積によって違います)、月末締めなので月の途中から利用でも全額かかります。

私がうかがった郵便局は1100円でした。

ちなみにX(旧Twitter)では段ボールでできたようなラックを使っている方もいらっしゃいましたが、私が行った郵便局は局のほうで用意している棚を使用してくださいとのこと。

郵便局によって違いがあるので、実際に行かれてみてから場所は決めたほうが良いと思います。

利用案内をいただいたのですが期間、利用料、金銭管理など様々な事が書かれているのでキチンと読みましょう。

【無人販売に必要な書類を揃えよう】

いただいた利用案内を見て必要な書類を揃えます。

アートフラワーの販売は商品ラベル画像又は価格表に屋号、住所、氏名、電話番号、メールアドレスを載せた物を提出しました。

書式は特に決まっていないとの事だったのでざっくりと「こんな物を売ります」というのがわかるようにパソコンで作りました。

それを持って郵便局に行けば、申込書に記入、押印(印鑑は忘れずに持っていきましょう)、利用料を支払います。

【道具を揃えよう】

書類ができたので、あとは陳列していきます。

まず必要なのは棚サイズを測り、おける分量を把握することです。

商品をきれいに見せるための什器、商品をすべて個包装の袋に入れるとのことなので透明な袋と値札用のラベルも必要です。

だいたいのものはダイソー、セリアで揃えました。

透明な袋はネットが安いですね。

こちらはテープ付きでらくちんです。

局員さんに言われたのは名刺やショップのカード、チラシ等もご用意くださいとのこと。

ダイソーにあるカードホルダーは便利ですよ。

あとはお客様がわかりやすいようにPOPも作り、ラミネート加工しました。

ラミネーターはイベント出店するときにもよく使うので、持っておいて損はなし!です。

お金をいれる箱は鍵付きのいい大きさのものがなかなか見つからなかったので郵便局にお借りしました。

ちなみにPayPayのシールを貼り付ける土台はダイソーで買ったブックエンドです。

ちょうどサイズが良かったのと、穴があるので柱にくくりつけられるからです。

【陳列しよう】

コーヒーの陳列

実際に陳列したところです。

両サイドはなんの囲いもないので商品が落ちないようにPOPでガードしています。

しばらくしてあまりにも詰めすぎて取りにくい、見にくいということに気づき陳列し直しました。

ちなみに集金箱とPayPay台紙は柱に紐でくくっています。

並び替えたディスプレイ

お花がガラスドームに入っているのでわれない陳列というのがなかなか難しいです。

毎月のイベントにあわせてお花を交換しています。

ガラスドーム以外にコサージュも置いています。

結婚式や入学、卒業シーズンに欠かせないアイテムが気軽に手に取ってもらえたら…。

【まとめ】

お金の集金は月末に郵便局に行って回収しています。

PayPay払いはされた瞬間に自分の携帯にお知らせが来るので便利ですし嬉しいですね。

もう少し郵便局の数を増やしてみようかな?と思ったので局員さんに調べてもらいました。

意外と近くに無人販売をしている郵便局があったことにビックリ。

他の局に申し込むときは最初に手続きをした局に言えば書類等も用意してくださるそうです。

ありがたや~。

最初は年末年始があったので3ヶ月の申し込み、その後は2ヶ月更新にしています。

更新は用意された書類にサインして印鑑を捺して利用料を払うだけなので楽ちんです。

いかがですか?

イベント等にはスケジュールの都合で出られない方も無人販売ならしやすいのではないでしょうか?

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

私もここでやってるよ~等のコメントなどもいただけたら嬉しいです。

次はコーヒードリップバッグを無人販売するステップをあげたいと思いますのでそちらもよろしくおねがいします。

全国の有名胡蝶蘭が全てある 胡蝶蘭専門店ギフトフラワー

コメント

タイトルとURLをコピーしました